• ホーム
  • 避妊薬のよくある服用方法の間違い

避妊薬のよくある服用方法の間違い

笑っている可愛い女性

避妊薬を使用する上では、注意すべき点がいくつかあります。
避妊薬を初めて飲む方や、あまり飲み慣れていない方の場合、症状の軽い吐き気を感じたり、乳房に張りを感じることがあります。
起こる症状は、全般的につわりに酷似しており、出血も見受けられるケースもあります。
避妊薬に対して、身体が慣れていないことにより、引き起こされている場合は、避妊薬の服用を3ヶ月程度継続することで、症状が見受けられなくなります。
ただし、飲み始めた頃から重度の副作用に見舞われたり、数ヶ月経過しても症状が軽くならなければ、避妊薬を変更したり、他の要因を調べる必要性が出てきます。
可能であれば、避妊薬の使用後に何らかの違和感を覚えたら、すぐに処方された医療機関に相談すると良いでしょう。

副作用は、服用方法を誤ることで生じやすいですが、用法用量を守っていても見受けられることがあります。
体質により、好ましくない症状が発生する可能性は異なりますが、1週間程度飲み続けても身体が順応しないようであれば、異なる種類に変更してもらう方が良いです。
実際に、自分に適した避妊薬を見つけるために、数種類の薬を試し、3種類目で自分に適している薬に出会うことができたという方も居ます。
また、近年では本来の薬の目的とは異なる効果を求めて、服用する方も多いです。
それが、肌トラブルです。

女性は、年齢を重ねていくと、体内で女性ホルモンが減少し、男性ホルモンが増加していきます。
女性ホルモンが減少すると、体内のホルモンバランスが乱れるので、ニキビなどの肌トラブルが生じやすくなるのです。
こうした際に、避妊薬を飲用すると女性ホルモンが正常化されるので、肌の炎症が収まるのです。

関連記事