• ホーム
  • セックスでは複数の避妊方法を合わせるのが効果的

セックスでは複数の避妊方法を合わせるのが効果的

考えている女性

セックスでの避妊方法と言えば、日本で最も多く用いられているのがコンドームの使用です。
コンドームは、確かに避妊の効果があると言えますが、100パーセントではありません。
確実に避妊を行うには、複数の方法を組み合わせるのが良いでしょう。

欧米では、コンドームの使用よりも、ピルの服用が一般的となっています。
ピルは、正しい使用方法を守れば、低用量ピルは99.9%という高い確率で効果を発揮します。
ピルを使用し続けることで、身体への影響が不安だという女性もおりますが、万が一セックスで望まぬ妊娠をして、中絶や出産などということを考えれば、確実に効果を発揮する方法で避妊を行うことが重要だと分かるでしょう。
ピルを使用していれば、コンドームは使用しなくても良いという訳ではありません。
それぞれには、役割があり、コンドームはセックス時の性病感染を効果的に防ぐことができます。
感染の予防と避妊という両方の目的から、コンドームとピルを合わせて使用しましょう。

また、射精する直前にペニスを膣の外に出す方法を膣外射精といいますが、これは避妊法ではないことを覚えておきましょう。
いくら男性が、大丈夫と言っても、それは確実ではありません。

その他の避妊方法としては、子宮内に装着し、受精卵が子宮内膜に着床するのを防ぐIUD、殺精子剤の使用、子宮口にフタをつくり、精子が子宮口に入るのを防ぐペッサリー、女性用のコンドームの使用、基礎体温で排卵日を特定する方法などが挙げられます。
いずれも、100パーセントの避妊率とは限りませんので、出来る限り、いくつかの方法を組み合わせてみましょう。
特に女性は、正しい知識を身に着け、万が一の妊娠や感染で泣き寝入りしないように、自分の身を守りましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧